FC2ブログ

挿し木・挿し芽で思うこと

バラ・オステオスペルマム・・・何も考えずに挿し木・挿し芽に成功などと喜んでいる。しかし思うにこれは受粉でもなんでもない単純なクローンである。植物には一般的な寿命がないようだ。植物の死は感染・あるいは大きくなりすぎて自重で物理的に壊れる以外死ぬことはないようだ。なんとも不思議な生物である。また屋久杉などのような巨木は木全体がすべて生きているわけではなく、死んでいる部分もある。しかも根の細胞と葉の細胞のDNAは完全に一致していないという。DNAの完全複製に間違えても拒絶反応が働くわけでもなく生きているらしい。そういえば普通に野菜などもカボチャの根にメロンの茎の接ぎ木苗を使っている。不思議なものだ。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柿仙人

Author:柿仙人
釣りとガーデニング・・・素人漁師と庭師のブログにようこそ!
放射能から日本を救うひまわりプロジェクト応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問お客様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR