FC2ブログ

ポポ-の神経毒につき

 安全な食べ物とは何か?無農薬だろうけれど、害虫が・・・。思えば焼き魚の焦げが発癌物質を含むとか、海の魚の環境ホルモンとか、ス-パ-の野菜や果物の残留農薬とか、考えたらきりがない。
 小生の庭には1年前までいちじくの木があってやっと収穫の時期を迎えたのにカミキリムシの猛攻であえなく御臨終。4年ほどかけて育てたのにつらかった。木の幹に殺虫剤を入れてもイタチごっこだった。他の果樹も同じく害虫に弱い。そこで害虫のつきにくいポポ-を選んだわけである。今、デイビス・マンゴ-がある。
 さて、かなり前から問題になっているのがアセトゲ二ン acetogenin という天然殺虫成分入りのポポ-の果実の毒性である。ここでは皮膚のかぶれとか嘔吐とかは問題にしない。神経毒に限って話をしたい。以前からカリブ海の一部地域で Soursop というポポ-近縁の果物摂取で高齢となってパ-キンソン病類似疾患(パ類病)が多発しているとの警告があった。果実以外に葉を茶にしたりしたのだ。相当な摂取量であろう。その果物に含まれているのがアセトゲニンである。
 ケンタッキ-大学の調査ではカリブ沿岸の住民の遺伝子に発症に抵抗するH2対立遺伝子が欠けていることが多いそうだ。それ以外にも疫学的に北米では人種問わずパ類病の有意な発症増加は認められないことから秋の果物として食す程度なら発症しないのであろうという推測がなされている。魚の焼け焦げ毎日食べたら恐ろしいと思うから食べないのと同じだろう。
 日本人も子供は避ける・ジャムなど保存食にしないで果物として秋限定で食べるのであれば良いのであろう。小生も歳なのでパ類病より癌が心配だし、殺虫成分入りのポポー か 他の果樹+農薬 か悩ましいな。(笑)


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柿仙人

Author:柿仙人
釣りとガーデニング・・・素人漁師と庭師のブログにようこそ!
放射能から日本を救うひまわりプロジェクト応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問お客様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR